クラウド型電子カルテ
導入・活用メリット

経営者の目線

長期的なシステム利用となるため投資の平準化が図れ、設備・リソースコストの最小化ができます。また、5~7年ごとのシステム見直しの負担から解放されます。

経営の効率化を推進

電子カルテのメリット 経営者の目線
  • ・ 導入コスト、人件費、更新費用の削減が可能です。
  • 1. サーバ購入費用の削減
  • 2. システム専任管理者の人件費削減
  • 3. サーバ室の工事費用、および維持費用の削減
  • 4. 5~7年毎のサーバ・システム更新費用の削減
  • ・ カルテ保管庫の確保が不要になります。
  • ・ 受付登録や会計処理に時間がかからないので、患者様の満足度がアップします。
  • ・ 処理に時間がかかる文書作成などの事務側の処理速度がアップします。
  • ・ 電子カルテの操作が簡単なので、看護師などの人材確保及び教育、レクチャーの短縮が可能です。
  • ・ 既存システムとの連携が可能なので、電子カルテに併せて機器を買い換えずにそのまま運用が可能です。(対応システムについては別途ご相談下さい)

電子カルテ・HAYATE/NEOのメリット

お見積り・資料請求・デモ依頼についてはお気軽にご相談ください。

PAGE TOPPAGE TOP